2007年9月14日 (金)

ソフィット

                                     020

発売元ゼファーマ㈱・製造販売元帝人ファーマ㈱のソフィット<ドリップタイプ>です。

ピコスルファートナトリウム7.5mg/1mlを含む滴剤で、便秘のお薬です。

です。とはしましたが、製造中止になりました。

元々は藤沢製薬の販売だったんですが、山之内製薬と合併してゼファーマになり、さらに第一三共ヘルスケア(第一製薬+三共製薬)に吸収されました。

このOTCメーカーの再編にしたがって、カットされてしまいました。(涙・・・

医療用医薬品のラキソベロン液とまったく同じ。

でも、(3歳未満は服用しないこと)って書いてあるんだよねえ・・・

乳幼児や妊婦、さらに特殊な便秘に対応するのが、ますます困難になってきました。

ソフィットピュアっていう(とても小さな)カプセル剤は生き残ったんで、それでなんとかしろ!てことですかねえ。

コーラックソフトやビューラックソフトなんかもピコスルファートNaなんだけど、錠剤だからねえ・・・

滴剤だからこそ使えていたいままでの状況を考えると困ったものです。

OTCの世界っていったいどうなっちゃうんだろう?

ソフィットを手に入れるために病院に行かざるをえなくなり、国民医療費を微妙に引き上げる。

ばかげた話です。

で、代わりなんですが医療用医薬品のラキソベロン液が一般の薬局で買うことが出来ます。

ドラッグストアとかは一般販売業って区分なんでダメですが、調剤室のある薬局なら大丈夫です。

ただ、一応法律的には「必要最小限の量」ってことになっているんで1本(10ml)ごとの販売となると思います。(その薬局さん次第です)

もうOTCにこだわらずに、要処方箋薬のはずれた医療用医薬品をバンバン販売してやろうかなって考える今日この頃。

毎日コツコツ、まじめが一番!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

セーブオン

                                   _067

ラスベガス近郊のSav-on drugsです。(コンビニのセーブオンじゃありません!)

この店舗はセーブオンの中でも最新のもの。

セーブオンは西海岸を拠点に米全土にチェーン展開する代表的なドラッグストアです。

元々は典型的なディスカウンターで、3尺1800mm什器の縦一列に圧縮陳列が僕らの教材になったもです。

何度かのM&Aを経て、変化&成長をしてきました。

素敵なお店です。

什器は3尺1500㎜を使い、右サイドは直角に左サイドは斜めに設置。

右ラウンド型で、突き当たりが調剤室。

調剤室周辺に一般用医薬品や(いわゆる)サプリメント類を配置。

これって最近の米ドラッグストアでは当然のようになったのですが、OTCや健食のお客様の相談に答えるためです。

始めたのはウォールマートだったかな・・・

それまでは、あくまでもセルフ販売が基本だったしチェーン店の薬剤師にはそんな余裕がなかったのですが、他店にない顧客サービスの一環としての【薬剤師によるアドバイス】は非常に好評だったそうです。

で、このレイアウトがここ10年で広がりました。

左サイドにはギフト&カードを置くレイアウトです。

これで店舗のイメージが出来る方は、よほどの米ドラッグストア通ですな。

米ドラッグストアでのマグネットと言えば【処方箋】【ビタミン剤】【カード】です。

今まではこれに【DPE】があったのですが、貧乏米人でもデジカメを使えるようになったからネエ。

カラーリングも良く出来ていて、美しい店舗です。(移民の国ですから文盲が多いのを前提にした絵や色を重視した陳列が米国の特徴ですな)

毎日センター納品があるそうで、バックは少なかったなあ・・・。

薬剤師さんも「会社からの正当な評価がある」そうで、モチベーションは高いようでした。

調剤助手(ファーマシーテクニシャン)の方たちも、ベッピンさんばかり!

店長さんが「このエリアの美しく優秀な方を選抜した」と笑いながら話してましたが、あながち冗談でもないでしょう。

このエリア(LV郊外)は現在【リタイア後に住みたい地】のナンバー1になってます。

全米から小金持ちの老人が押し寄せ、人口増加率がトップ3に入っていると思いました。

他地区のように不法移民による増加と違い、小売企業にとっては最重要地区であることは間違いありません。

ですから、このような実験的店舗が多数存在するのです。

こんなお店を作ってみたいなあ・・・

土地と人が高くて、消費者レベルがまだまだ低い日本では絶対成功しないだろうけどねえ。

コレに近い物を作った会社もあったけど、売上が取れなくて結局圧縮陳列もどきのドン臭いお店になってるんだもん。

どうみても日本のドラッグストアってノーセンスのお店ばかりなんだけど、売って何ぼのこの世界では致し方ないのでしょうね。

そんなことより、親父のお店もゴジャゴジャになってきちゃたなあ・・・

そろそろ本腰を入れて改装するか!

お金がないんで、レイアウト変更でだね・・・

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

知ってますっ!

                Blog_197

㈱大塚製薬工業の経口補水液【OS-1】(オーエスワン)です。

ある土曜日の昼過ぎ、若いお母さんが親父の薬局に来店なさいました。

若母 「おーえすわん、ください。」

親父 「えっ、OS-1ですか?」

その方は、明らかに来店が始めての方です。

この街でOS-1を置いてあるのは、親父の店だけ。

こんなものの指名買は珍しく、どこかの小児科医に聞いてきたのかなと思ったのですが違うようです。

で、いろいろ探りを入れつつ

親父 「~でね、初めはゼリーを一口から始めて・・・」

って、一応の説明を使用とした時です。

若母 「知ってます!!ネットで調べたんです!」

若母 「おうとげりしょうの時はこれを飲ませてだっすいを起こさないようにするように薬剤師さんがブログに書いてました」

こんなんだけど、親父も薬剤師なんだけどなあ・・・

気を取り直しつつ

おお!経口補水液を普及させようとしている仲間がおるのかあ!!

是非、トラックバックしなければ!と思い

親父 「なんていうブログでした?」

若母 「え~と、なんだっけえ?」

若母 「・・・・くすりやおやじのなんとかっての」

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

あなたの前にいるのが、薬屋親父です。

嘔吐下痢症の記事はこちらです。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

JB!ありがとう

                Jb

JB、死んじゃった・・・

死んじゃってから、大好きだった事に気がつくんだよね。

ジョンの時もそうだったし、あの人の時もそうだった。

悔いのないように暮らして行きたいけれど、いまだに惑わいだらけの今日この頃。

「やりたいことをやればいい」って人は言うけど、やることによって迷惑を掛けた人に対する悔いはできるもの。

「自分の人生なんだから」って人は言うけど、自分勝手はまた違うもの。

こないだ死んじゃった叔父さんの最後の言葉は

「いい人生だった・・・」って

そんな生きかたをしてみたいもんだねえ。

JBはどうだったんだろ?

やりたいことをやった満足感、迷惑を掛けた罪悪感。

JBだもん、そんなもん考えない!

クリスマスに天国行って【I fee~l good!】って歌いまくってんだろうなあ。

JB!ありがと!

そして、さようなら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

咲きましたー!

                Bulog_057

やっと咲きました、プルメリア。

白地に黄色の可愛らしい花でした。

プルメリアの花ってすぐ落ちちゃうんですねえ。

ポコンって花が開いて、直にポコンって落ちちゃうのよお・・・

でも次から次に蕾が開いて楽しいです♪

皆様、南国土産はプルメリアの棒ですな。

もらった人は、・・・・だろうけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

咲きそうです♪

                Image1

これ、何だか判りますか?

5年前にハワイ島に行った時買ってきたモノです。

ドライブインの売店に20cmほどの棒切れが袋に入って無造作に販売されていました。
確か一ドルほどだったと記憶しておりますが、ツレには一言「バッカじゃない!」と・・・

帰国後に(涙と共に)鉢に埋めておいたのです。
毎年、夏場に急成長し冬になるとハッパを二枚だけ残して仮死状態になるのを繰り返していました。
生かさず殺さず、枯れるなら枯れてみろ!って感じです。
投げやりなのは、私の人生ですな。

それが今年の夏、遂にやってしまったようです!
早く咲かないかなあ、プルメリア君。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

罪と罰

                Kk_006

75年前、神様の一言によって始まった人と人との殺し合いは、15年後に神様の一言で終わりました。

   人の欲は

   人と人の殺し合いになり

   いくつもの大切な、かけがいのない人生を失わせた。

                                 もう、二度と・・・・

                 ・・・・・・・・・・・・・・

                 ・・・・・・・・・・・・・・

自分の手で人を殺した人。

自分の心の中で人を殺した人。

人が人を裁くって・・・・・

    ↓ 東京裁判での犯罪分類です。 

A級戦犯(分類A)とは平和に対する罪の有罪判決を受けた戦争犯罪人。

B級戦犯(分類B)とは捕虜に対する不法行為の有罪判決を受けた戦争犯罪人。(指揮・監督をした将校や部隊長等)

C級戦犯(分類C)とは捕虜に対する不法行為の有罪判決を受けた戦争犯罪人。(直接捕虜の取り扱いにあたった下士官や軍属等)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

御巣鷹山

                Nishimatsua

今現在の最高責任者、西松遥氏です。

たった21年前、520人のかたの人生が消えうせました。

殺人を犯した人は罰をうけます。

それ以上に自分で心を苦しめるでしょう。

罪を犯した企業は消費者によって罰を受けるべきしょう・・・

しかし、誰がそれを省みるのでしょうか?

           雪印

           三菱自動車

           日本航空

企業は社員によって成り立つもの。

社員は一人の人間。

「うちの会社が・・・」とか「うちの会社は・・・」という前置きはなしに

一人一人の人間として考えて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

プリン味です。新パックンチョ

                Bulog_053

森永製菓㈱のパックンチョ・プリンです。

おいしいねえ、これ。

元来、パックンチョって量、味、包装含めかなり好印象をもっていたんです。

このカテゴリーの中ではコアラのマーチと両巨頭ですな。

春の新製品だったんですが、レギュラーよりこちらの方が好まれているようです。

しつこくなく、さらりとしたプリン味。

プリン好きの薬屋親父はおもわずニターとしてしまいました。

スティッチや白雪姫関連のキャラクター図柄も増えたし、楽しいですYO!

コアラのマーチもついつい一個ずつ顔を確認しちゃうんだよなあ・・・

コアラの生首をつまんで食べてるって、ちょっとイヤッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

お面 その3

                Bulog_004

ベトナム土産です。

可愛らしい女の子です。

なかなか作業が細かくて、いい仕事になってますよ。

やしのみを加工したものですが、頭には鳥の羽を使ってます。

いただいたのは2005年。

え~と、鳥インフルエンザがベトナムで猛威を振るっていた時期では・・・・

まあ、いいか (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ウレタンなんです。