« 明日に向かって撃て! | トップページ | もう、二度と・・・ »

2005年8月 5日 (金)

リタリンは瓶入りです。

                ritalin-A

中枢神経興奮剤・リタリン錠です。

日本チバガイギー製造、ノバルティスファーマ販売で100錠および500錠の包装があります。1%散剤は100gの缶入りです。

長期投与の多い薬ですが、ヒート包装(10錠づつ一枚のシートになっているもの)がないので分包器を使います。一回半錠の方もいらっしゃいますので、その場合は手でプチプチ割ってから分包をかけます。これが、めんどくさいんです・・・

    親父は面倒が嫌いなんです・・

何の薬かと言いますと、うつ病やナルコレプシー、保険適応外ですがADHD(注意欠陥多動性障害)に投与されます。現実にはADHD児に対して用いるのが普通ですな。ナルコレプシー(故阿佐田哲也氏で有名になった突然寝ちゃう病)は非常に珍しい病気ですし、うつ病に対して現在はほとんど使われません。よっぽどのアンポ○タン先生じゃないかぎり、だしてくれませんヨ。約11円の薬が末端価格だと200~400円前後ですかぁ。

    リタラーの皆さんは苦労していると思いますョ・・・ふっふ

うつ病の患者さん方たちの間では、リタリンは魔法の薬だということになっているようです。うつ病の治療で一番大切なのは、薬の選択と服用コントロールなのに。それを念頭に置かないDrおよび患者が多い事は事実です。

リタリンは覚せい剤様のお薬でして、服用するとハイになります。上手に飲めば上手に効いてくれますが、哀しい事にジャンキーは愚者です。当然のように”もっと飲めばもっと効くぅっぺ!”と考えます。リタリンは耐性(だんだん効かなくなる)ができやすいのです。当然、どんどん量が増えます。その頃にはパニックを起こしたり、ひどいうつ状態に突入です。あああ・・・もう、ダメポ・・・

    超ハイリスク・ローリターンのリタリン

こんなんヤルなら、覚せい剤の方がまだよろしいかと・・・健全なジャンキー諸氏は手を出さないのになぁ~。やっぱ、クスリの基本はハッパでしょ!

    マリファナを上手に使って健康ジャンキー!! (← おお!いい言葉ですなあ)

おまえらは”自分だけの問題で、誰にも迷惑を掛けていない!”と思ってるかもしれないけれどなぁ、乱用する事によって、ADHDの子供たちの治療に差障りが出るのだよ。

    親父からの心からのお願いだぁ!

             リタリンじゃなくて他のにしてくれ!

|

« 明日に向かって撃て! | トップページ | もう、二度と・・・ »

コメント

リタリン買いたいのですが

投稿: つくら | 2011年3月 3日 (木) 19:56

うつ病がかれこれ8年間なおりません(T-T)

投稿: マイコ | 2014年10月12日 (日) 09:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/5161887

この記事へのトラックバック一覧です: リタリンは瓶入りです。:

« 明日に向かって撃て! | トップページ | もう、二度と・・・ »