« HPのプリンター | トップページ | 大企業 »

2005年8月12日 (金)

ハルシオンの憂鬱・・・Ⅱ

                halcion125-A

睡眠導入薬の雄・ハルシオンです。

前にも書きましたが、もう一度・・・

写真のブツは0.125㎎/錠ですが、通常投与されるものは0.25㎎/錠です。0.25㎎を投与されていた患者様が”効きすぎるわい(!)”とDrに訴えたら、0.125㎎に変更になりました。

そもそもなぜハルシオンが悪物と化したのか?

           アメリカでの発売当初は1mg/錠(!)だったのです。

これにより”ハルシオンの朝”は”ハルシオンの悪魔”になったのです。

ハルシオンは記憶障害や混乱をおこし、隠れた攻撃性を呼び出すといわれてます。

結果、ハルシオン殺人事件は起こりました。

      84歳の母親を射殺した主婦。

      300km離れた街に住む元妻を射殺した会社員。

      二人ともその記憶はございません・・・・・

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在、日本では一日一回0.5㎎までの投薬が認められています。

確かにハルシオンは安全かつ効き目のよい、いいお薬だったと思います。しかし、今はもっといろいろな選択ができるはずです。

全世界生産量の60%を消費する国、日本。

医者も厚生労働省も・・・・まったくぅぅ~~

忘れるとこでした。薬のプロからのアドバイスぅ。

           ジャンキーもどきの方たち!

             ハルシオンではイケませんョ!

               そんな気するのは只の思い込みぃ、カッコ悪! (^^♪

|

« HPのプリンター | トップページ | 大企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/5161616

この記事へのトラックバック一覧です: ハルシオンの憂鬱・・・Ⅱ:

« HPのプリンター | トップページ | 大企業 »