« 耳垢にはワックスネート(だった) | トップページ | 浅田飴です »

2005年9月10日 (土)

B767-300 ADO

                B767-300A-A

GeminiJets製のボーイング767-300ER(Air Do)です。

B767は座席数280席の中型セミワイドボディ機(通路が2本)です。B757は通路が1本のナローボディーですから、すこしオデブちゃんですね。

この機の最大の特徴はシートレイアウトが2-3-2となっています。つまり通路側席と窓側席が多くて、真ん中席がとても少ないということです。だれでも、真ん中席はうれしくないものですもの。ちなみにスカイマークエアラインでは特別に2-4-2のレイアウトを採用しております。乗客数は増えますが、真ん中席の確立も増えてます。

     さすがです、H.I.S

Air Doは正式には北海道国際航空株式会社でして、スカイマークについで二番目の新規航空会社です。北海道を中心に羽田⇔札幌・羽田⇔旭川・羽田⇔函館を飛ばしております。ここも経営難から民事再生手続きをし、全日空とコードシェアを行っております。

しかし、新規航空会社にもスカイマークの神戸新空港就航やスターフライヤーの新規参入など、明るい話題はあります。

日本では空港使用料や人件費が高く、ローフェアエアラインは経営的に難しいと思いますが、スカイネットアジア航空も含め皆様、がんばってほしいものです。

この航空機ダイキャストモデルはSkyJets400で入手したのですが、出来がいいとは・・・。某所でドラゴンウイング製を見かけたのですが、そちらの方が良かったようです。同型のものは、よく比べてからのほうがいいですね。

|

« 耳垢にはワックスネート(だった) | トップページ | 浅田飴です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/5738014

この記事へのトラックバック一覧です: B767-300 ADO:

» カラフル [壱日壱撮]
羽田ニタミからの飛行機撮影。今回は地上滑走がテーマ・・というより半強制的にそうなってしまっていますが・・羽田に降りてくる飛行機は、ほとんどが赤白のJALか青白のANA。たまにくる特別塗装機は、いつみても新鮮に見えます。数が少ないので、単機で撮れても複数機一緒に撮れるのはあまりありません。今回は偶然、AIRDOの黄色帯とJASレインボーカラーの2機を同時に撮れました。これも地上滑走撮影ならでは・・かな?... [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火) 23:40

« 耳垢にはワックスネート(だった) | トップページ | 浅田飴です »