« 駄菓子「松茸」です。 | トップページ | B747-300 リゾッチャ »

2005年9月30日 (金)

貧血にはフェロミア

                                   feromia-A

サンノーバ㈱製造、エーザイ㈱販売のフェロミア錠50㎎です。

クエン酸第一鉄ナトリウムを含有する、鉄欠乏性貧血のクスリです。

通常成人は1日2~4錠を1~2回に分けて飲みます。

だいたいは一回一錠、一日二回で食直後の指示かなあ。

貧血によく使われるお薬で、血液検査で貧血症状がでるとまずフェロミア(もしくはそのゾロ品)を出してくると思います。血液検査で貧血要因とみるのは赤血球数・ヘモグロビン量・ヘマトクリック値・血小板数です。

鉄欠乏性貧血の方は、血中の鉄分が不足しているということ。この血中の鉄分は肝臓内の貯蔵鉄がいっぱいになって初めて血中に鉄分が安定供給されるのです。

ですから、血液検査でOKがでてから3~4ヶ月(メーカー説)、できたら半年は飲んだほうがよろしいかと・・・

要処方せん薬のカテゴリーからはずれてますので、薬局で購入する事ができます。

なにぶん胃腸障害がでやすいお薬なので、食事中や食事の後に時間をおかずに飲んでもらってます。胃腸障害が出た場合、ちょっと休んでもらってもいいと思います。胃腸の調子が戻ったら、また飲み始めてください。

昔は「牛乳やお茶で飲んではイケない」と指導されましたが、製剤技術の進歩によってそうでもなくなりました。でも、薬を飲む場合の基本は白湯ですなあ!

牛乳は薬とキレートを作り、吸収を阻害。お茶は含まれるタンニンによって吸収阻害。実はミネラルウオーターも一部製品はカルシウム量が多くて、薬飲みには不適です。おいしい井戸水もいまひとつか。

日本だったら、コップ一杯の水道水が一番ですなあ

妊婦さんにもよく投与される安全性の高いお薬です。貧血にはレバーが一番なんですが、ビタミンAも多量に含みます。ビタミンAは胎児に影響を与えることが報告されていますので、妊婦の貧血にはフェロミアが一番安全でしょうな。皆様大好きなサプリメント・健康食品よりず~とずっと安全、安心です!

       「薬飲むより食事で取ったほうがいいよ」

         こんなアドバイスはなさらないよう

        きちんと調べてから、いたしましょうよ。

|

« 駄菓子「松茸」です。 | トップページ | B747-300 リゾッチャ »

コメント

「ド」がつくほどの貧血で、フェロミアを医者で出されるようになって1カ月。ときどき吐き気がするときもありましたが、だいぶん馴れてはきました。先日、同年代(40超えたばかり)の同じ「ド」がつく貧血に苦しむ友人と久々に逢ったのですが、そのときも話題は貧血の話に。20代のときはお互いこんな話しなかったのにな……と年齢を痛感しました。ところで、その友人は緑色のカプセルに入った鉄剤を医者から出されて飲んでいるが、大変飲みやすいと言ってました。それって、何という鉄剤なんでしょう? (余談ですが、映画の記事も楽しく拝見しました。当方、映画賞の審査員など長年やっているもので……もっとも専門は日本映画なんですけれど。)

投稿: piyopiyo | 2006年4月18日 (火) 06:06

piyopiyoさん、こんにちは。
緑色のカプセルの鉄剤・・・
すいません、私の知りえる限りにはございません。
もう少し、調べてみたいんでお時間をください。

以下は私見ですが、
緑のカプセルと聞いた時、直ぐにセルベックスカプセルを思い浮かべました。
とても汎用される胃薬でして、鎮痛剤などの胃腸障害を防ぐ目的で一緒に処方されます。
もしかしたらご友人は鉄剤+セルベックスの組み合わせでお飲みになっているかも・・・
どちらにしろ、もうちょっと調べてみます♪

で、映画の雑文はあんまり気にしないでくださいな。(#^.^#)

投稿: 薬屋親父 | 2006年4月18日 (火) 16:25

はい、調べてきました。
でも、誰も緑のカプセルは見たこと無いようです・・・
皆様の意見は「フェルムC(長生堂)ではないか?」というものです。
フェルムカプセルは青色のカプセル剤なんですが、そもそも鉄剤のカプセルというとコレくらいしか思いつきません。
satokichiさんからいただいたフェルムCの説明URLを載せておきます。
http://health.yahoo.co.jp/medicine/2/3222010N1026/

投稿: 薬屋親父 | 2006年4月19日 (水) 08:52

早速、調べてくださって、どうも有り難うございます。感謝致します。居酒屋の間接照明の下で見たので、緑色のカプセルに見えたのかも知れません。紛らわしいことで、ごめんなさい。参考までにお伺いしますが、フェロミアは「要処方せん薬のカテゴリーからはずれてますので、薬局で購入する事ができます」とのことですが、フェルムはどうなんでしょうか。友人は最初、赤い錠剤を出されていたらしいのですが、それが飲みにくいので医者に言ったら、替えてくれたと言っていました。私もフェロミアは結構大きな錠剤なんで、ちょっと飲みにくいし、出来ればカプセルのほうが有り難いと思っているのですが、そういうことは医者に言ってもいいものでしょうか。

投稿: piyopiyo | 2006年4月19日 (水) 09:06

まず、フェルムカプセルも要処方せん薬ではございません。よって薬局で購入することができます。
でも piyopiyoさんの場合、鉄欠乏性貧血の診断名が(たぶん)ついているのですから、保険適用で医療機関から薬の投与を受けたほうがよろしいかと思います。
まだ飲み始めて一ヶ月との事、これから定期的に血液検査を行って診断&治療を進めて行くと予想されますので。

さて、お薬に対するリクエストですが全く構わないと思います。最近のDr.は学校でも医局でも「患者さんの為の治療」を指導されていますので、昔のように「患者は医者の言う事を聞いとけばよい」的な考え方は(表向きは)無くなってきています。

困った事に、鉄剤のお薬はどれも大きいんですよね。フェロミア、フェロムC、フェロ・グラデュメット、スローフィーどれもでかいです。

長い期間飲むお薬なんで、飲みやすい薬が見つかるといいですね♪

投稿: 薬屋親父 | 2006年4月19日 (水) 17:30

先日、調剤薬局へフェロミアを購入するため赴きましたが、処方箋がないと駄目との事でした。横浜市内の薬局ですが他の薬局も同じでしょうとのこと。
別のファイチを勧められましたがどうなんでしょうか。
因みに、胃を亜全摘しているため内因子はありません。

投稿: gagara | 2008年11月23日 (日) 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/6169843

この記事へのトラックバック一覧です: 貧血にはフェロミア:

« 駄菓子「松茸」です。 | トップページ | B747-300 リゾッチャ »