« 太田胃散の誘惑 | トップページ | 銚子名物”ぬれせん” »

2005年9月 6日 (火)

毎日かあさんが大変!

                mainitikaasann

がっこうの先生っていうのは・・・・ねえ

今回の事件の発端は”保護者としての西原”なのか”漫画家としての西原な”のかを、西原は言ってる気がするけど・・・・(作品内にもあったなぁ)

保護者としてなら学校に呼び出しても常識内。

作家に、作品に対する意見を言うのに呼びつけるのは超非常識。

つうことかいなあ。

教育委員会っていうのは・・・・

PTAっていうのは・・・・

西原くんが「表現の自由への圧力」なんてえ言葉を持ち出すなんて・・・ちょっとおぉ

    どっちもどっちか

こんなん問題にするのが変ですなあ

皆様、この本読んでいらっしゃるのかしら?

子供たちや親御さん、先生や周りの人たちに対する愛情がひしひしと伝わってくる作品だと

    わしは思うYO!

これを事件にしてネタとして一本か。

こいつは確信犯だな (^^♪

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「毎日かあさん」論争、表現の自由か教育的配慮か

 文化庁メディア芸術祭賞を受賞した漫画「毎日かあさん」を巡り、作者の漫画家西原(さいばら)理恵子さん(40)と東京・武蔵野市の間で論争が起きている。

 西原さんの長男(8)が通う同市立小学校が、西原さんに「学校を作品の舞台にしないでほしい」と申し入れたためだ。

 「表現の自由への圧力」と抗議する西原さんに対し、市側も「正当な教育的配慮」と譲らない。双方が文書で主張を繰り返す事態となっており、9月2日の同市議会でも取り上げられる予定だ。

  問題となったのは、授業参観の場面。主人公の母親が、落ち着きのないわが子を含む児童5人を「クラスの五大バカ」と表現し、ユーモアを交えつつ、子どもの成長を見守る内容だ。

 この場面が紙面に載った直後の昨年11月、長男の担任の女性教諭(40)が西原さんを学校に呼び出し、「迷惑している」「学校を描かないでほしい」と注文をつけた。

 西原さんは翌12月、毎日新聞社の担当者と同小学校に出向き、校長らに「保護者だからといって、編集者を通さず作者を直接呼びつけるのは非常識だ」と抗議。校長らは「学校に落ち度はない」と主張したという。

 西原さんは、父母の一部から「学校とトラブルを起こすならPTA活動に参加しないでほしい」と告げられたのを機に、今年6、7月、弁護士を通じて市側に「作品はあくまでフィクション」「公権力による表現の自由の侵害ではないか」などの文書を送った。これに対し、市側は、「他の児童や保護者への配慮をお願いした」「作品中に『武蔵野市』の固有名詞もあり、児童の人権に教育的配慮を求めることは当然」などと、8月までに2回、文書で回答した。

 西原さんは「フィクション作品の内容に介入するのは納得できない。子どもを学校に預けている立場上、作品を描くこと自体をやめろと言われたに等しい」と憤る。また、毎日新聞東京本社編集局は「毎日かあさんは西原さんの経験に基づいたフィクションで、内容については人権やプライバシーに十分配慮して掲載している。学校側には納得してもらったと認識している」としている。

 一方、同市教育委員会の南條和行・教育部長は「保護者を学校に呼ぶことは珍しくない。表現の自由を侵害してはいない。学校には不特定多数の児童がおり、配慮するのは当然だと思う」と話している。

|

« 太田胃散の誘惑 | トップページ | 銚子名物”ぬれせん” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/5749631

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日かあさんが大変!:

« 太田胃散の誘惑 | トップページ | 銚子名物”ぬれせん” »