« 貧血にはフェロミア | トップページ | 絶対スースー!タイガーバーム »

2005年10月 1日 (土)

B747-300 リゾッチャ

                B747-300Re-A

ドラゴンウイング製のボーイング747-300(日本航空)です。

B747-300は従来の-100、-200のアッパーデッキ(二階席)を延長したものです。-SPで機体を短くして飛行距離が伸びたのは、尾翼とコブ?の距離が短くなり空気抵抗が減ったのが要因でした。さらに乗客数をもっと増やせの声が・・・

   じゃあさあ、-200のこぶを後ろまで伸ばしちゃえ!

                     って。アメリカ人です・・・ (^_^;)

100200型と300型は背中のコブをみれば一目瞭然ですし、400型と300型は主翼先端のちっちゃな羽(ウイングレッド)で区別できます。けど、300型と400Dはどう区別すればいいんでしょうか?

たしか、このリゾッチャの二階席はエコノミー仕様だったと思います。Jalwaysの紫リゾッチャはビジネスシートですね。シートマップで30席くらいならビジネス、60席あればエコノミーです。グアム・サイパン路線はビジネスシートのエコノミー開放でしたから、よかったですねえ。ツアー客が大半ですから、悟空28程度のチケットでも優先してもらえましたもん。

この模型はヤフーオークションで入手しました。なんとなく探してはいたんですが、なかなか見付かりません。たまたまオークションで発見しまして、運よくお手ごろ価格で手に入りました。

        たまたま+運よく⇒とてもうれしい (^^♪

ドラゴンウイングの747シリーズは全体のバランスがよくて気に入っております。全体に、ナローボディ機ではモッタリとしてデキのよくないものもありますが、太っちょタイプはいい感じです。

|

« 貧血にはフェロミア | トップページ | 絶対スースー!タイガーバーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/6169883

この記事へのトラックバック一覧です: B747-300 リゾッチャ:

« 貧血にはフェロミア | トップページ | 絶対スースー!タイガーバーム »