« 血栓防止にバファリン | トップページ | 勝手にメインテナンス(怒! »

2005年10月 8日 (土)

B747-SP IRA

                                   B747-SP

ジェミニジェッツ製のボーイング747-SP(イラン航空)です。

SPはSpecial Perfomanceの頭文字で、当時の最長飛行距離を誇っていました。短い胴体、大きな水平・垂直尾翼。充分な軽量化をはかり、超長距離便として活躍を期待され開発された機種なのです。

このモデルは北京でけつまずいた機体です・・・

成田-北京-テヘランをつないでおりますが、内部の老朽化もことのほか酷いようですな。

シートはオートリクライニング。壁紙は・・・・

イラン航空のHPのフラッシュはなかなかのものですな。

先日までは工事中でしたが、いまでは稼動しております。

ぜひ、一度訪問なさってください。

 

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北京で01/15(2004)、イラン航空機が着陸装置の故障のため離陸直後に緊急着陸した。
  中国国際航空の当局者はロイター通信に「着陸装置が壊れた。いつ起きたかは分からないが、航空機は無事着陸した」と述べた。
  イラン航空IR800便は、北京経由でテヘランから東京に向かう予定だった。同機の出発時間は09:00(日本時間同10:00)。

 01/15に北京で起きたイラン航空機の緊急着陸は、乗客の全員無事が確認される一方、機体の老朽化が問題として浮上した。
  複数の目撃者によると、成田行きのイラン航空B747SPは離陸した直後に緊急着陸。機首を地面にこする形で止まった。
  消防車ら警察、救助隊、医療チームが現場に急行したが、中国航空当局はけが人はいないとしている。
  イラン航空の関係者はエンジントラブルがあったことを明らかにした。乗客は約120人という。
  また、ボーイング社のウェブサイトによると、イラン航空への最後の旅客機納入は1979年で、米国との断交の契機となったイラン革命の直前だった。

|

« 血栓防止にバファリン | トップページ | 勝手にメインテナンス(怒! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/6289978

この記事へのトラックバック一覧です: B747-SP IRA:

« 血栓防止にバファリン | トップページ | 勝手にメインテナンス(怒! »