« 野茂も使ったコロスキン | トップページ | 忘年会の季節ですなあ »

2005年11月15日 (火)

遂に新日本プロレスを・・・

                sinnihon-A

遂に、新日本プロレスをアントニオ猪木は手放したそうです。

敵対的M&Aを阻止する為の株式取得ということですが・・・・

このところ行われつつあった新日のリストラうんぬんは、プロレス独特のギミックではなく本気印だったんですね。

親父が思うに、新日本低迷への第一歩は『永田VSJ・バーネット』のIWGP戦だった気がします。

プロレスは色々な意味での物語があり、シリーズを通してそれを高めていくのが大切なのではないのかな。

タッグや六人タッグ、乱入や乱闘で闘いながら手を合わせて行く。

そんで、最終戦で☆最高のプロレス☆を披露するのが本意ではないでしょうか。

『永田VSJ・バーネット』はそんなものおかまいなしに、突然降って湧きましたから。

J・バーネットという素晴らしい素材を手にいれて、先走ってしまったのでしょうか?

せめて2~3試合、J・バーネットの強さを魅せてから永田に

   「モウオマエハシンデイル・・・」

といって貰いたかったものです。 (ToT)/~~~

それからというもの・・・

格闘技路線がいけないというわけではないのです。

ちゃんと納得できるストーリーを持った試合を見たいだけです。

プロレスはどっちが強いか決めるものではなく、いかに魅せる試合を作り上げるかだと考えております。

単発試合でプロレスを作るのは、藤波さんや武藤さんならまだしも、永田さんにはムリポ・・・

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

“脱猪木”で日本最古のプロレス団体が経営危機を脱した。新日本は14日、都内のホテルで会見を開き、ゲームなどのソフト受託開発を手掛けるユークス(本社・大阪府堺市)が株式の51・5%を取得したことを発表した。72年1月の設立からアントニオ猪木(62)がオーナーを務めてきたが、34年目で初めて別会社の子会社となった。

 新日本の売上高は00年度決算で約37億円あったが、その後減少を続け04年度は約23億円。厳しい経営状況が続いていた。株式は未上場だが、筆頭株主の猪木の元には複数の企業から買収話が舞い込んでいた。その状況下で04年8月にデジタルパートナー契約を結んだユークスに相談を持ちかけて買収の快諾を得て、猪木所有の株はすべて売却された。資本金7500万円の新日本株の51・5%は額面4000万円弱だが、数億円で売買されたもようだ。
 ユークスの谷口行規社長(37)は「今回は救済が目的」と語り、マッチメークなどには関与しない方針。新日本のサイモン・ケリー猪木社長(31)は「猪木さんにはシンボルという形で活動してもらう」と語ったが、猪木の影響力が低下するのは必至。新日本は闘魂を捨てて、新しい道に踏み出した。

                                            スポーツナビ

|

« 野茂も使ったコロスキン | トップページ | 忘年会の季節ですなあ »

コメント

ほんとうにちょっとショックでしたが、猪木はめげないでしょうね。
これまでもたくさんの借金を背負ってやってきた。でもそれは自らを奮い立たせて跳ね返してきた。
しかし、下のものが思うように動かなくなってきた。
団体が残ったのは幸いです。はたしてどこが敵対的買収を仕掛けてきたのでしょうね?
私は個人的にはWWEではないかと思っていますが。

投稿: 安頓 | 2005年11月15日 (火) 11:40

コメントありがとうございます。
猪木さんですか・・・
常人の考え方とは違う方ですから、どうなんでしょうねえ?
また新たにドキドキ♪させていただきたいものです。

投稿: 薬屋親父 | 2005年11月15日 (火) 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/7120546

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に新日本プロレスを・・・:

» プロレス界にもM&Aの波が…猪木の新日本プロレスユークスの子会社に [IT講習奮戦記♪ 毎日更新、年中無休!]
格闘技界に激震! 猪木の新日本プロレスは、 ゲームソフト会社「ユークス」の傘下の子会社に それでは、敵対的買収を仕掛けたのはどの会社か? 敵対的買収を阻止にホワイトナイト(白馬の騎士)出現 ユークスの谷口行規社長(37)は「本日付で新日本を子会社化することを決めた。敵対的買収を阻止するため」と説明。サイモン社長は義父の猪木氏に対し、「新日本のカリスマでありシンボルという形で、今後も活躍していただく」と話した。(Sanspo.... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 11:42

» 因縁ほど金に繋がるものはなし [lockin'on JAPAN]
小川−吉田!大みそかPRIDE決戦  PRIDEを主催するDSEは14日、柔道五輪メダリストの小川直也(37)と吉田秀彦(36)が、大みそかの男祭り(さいたまスーパーアリーナ)で対戦すると発表した。この日、都内で行われた緊急記者会見は、今後の打ち合わせ....... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 14:27

« 野茂も使ったコロスキン | トップページ | 忘年会の季節ですなあ »