« MD-11 ヤイロチョウ | トップページ | やだょぉ・・・ »

2005年11月28日 (月)

なぜユンケルだったのか?

                                   yunkel-A

佐藤製薬㈱のユンケル皇帝液です。

バブルの申し子のようなドリンクでしたなあ。

このユンケル皇帝液は、シリーズ中最もオーソドックスなタイプで定価777円です。

777円は消費税3%(!)を加えて800円です。

当時は定価で、やたらめったら売れてました。

100円台のドリンク剤が主流の時代、800円を払う事に意義があったんでしょうなあ。

よく、まとめ買いの方に「1ケース(80本)でなんぼ?」と聞かれ、価格交渉をしたのは楽しい思い出ですね。

某不動産屋の社長さんは、ユンケル皇帝液10ケース・35万円を現金で払って行きました。

800本ものドリンクをなんに使ったんでしょうか?

この時、CMはタモリさん。

「いいとも!」で一世を風靡した頃です。

一般的に【イグアナ】がタモリさんの一番芸として認識されているようですが、【四ヶ国語麻雀】こそ認められるべきではないのでしょうか!

タモリさんの当時の芸をまとめたDVDでも販売にならないものでしょうかね。

【今夜は最高】も面白かったなあ~

北朝鮮と韓国の構内放送のフラッシュはこちら

|

« MD-11 ヤイロチョウ | トップページ | やだょぉ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/7358587

この記事へのトラックバック一覧です: なぜユンケルだったのか?:

« MD-11 ヤイロチョウ | トップページ | やだょぉ・・・ »