« たぶん日本一、パブロンです。 | トップページ | 大変だあ~ »

2005年11月22日 (火)

インフルエンザをプロデュース

                infuru-A

新型インフルエンザ・・・

どうなんでしょう?

インフルエンザウイルスは中国南部で、水鳥→豚→ヒトというように変異しつつ感染するそうです。

ここでの水鳥はキャリアーですから、鳥自体には毒性を見せません。(見せちゃったら運べませんから)

豚さんは細胞レベルでヒトに近く、ウイルスのヒト感染への変異舞台として格好の場です。

そして中国南部では、家畜類とヒトは非常に密接して生活を送っております。

ここでヒト⇔ヒト対応になったウイルスが世界に広がっていくのですなあ。

ちなみに、鳥からの直接的ヒトへの感染は、よっぽどでなければおきないし、ヒト⇔ヒト感染はしませんからね~(したら大変だなぁ~~)

【殺人ウイルスか?】

新型インフルエンザが発生した場合、史上最悪として有名なエボラウイルスSARSより危険であると親父は考えております。

エボラは潜伏期間が短い上に、毒性が強烈過ぎてキャリアーが直ぐ死んじゃいます。広く感染させる暇がないのです。

’02のSARS感染を省みれば、感染拡大の速度は予想できます。

さらにSARSは呼吸器系への攻撃ウイルスでしたが、インフルエンザは全身タイプ。

現在懸念されている鳥ウイルスはH5N1型で毒性が高いと皆様予想はしてますが、こればっかりはでてみないとわからないでしょうなあ・・・

でてみたら、とても毒性の低いものだったという可能性もあるんですが。

予想通りに攻撃力にとんだものだったら・・・

1919年の新型インフルエンザ(俗称:スペインかぜ)では世界人口の50%が罹患し、そのうちの8%が死亡しております。発表されておりませんが、脳症などをおこして後遺症に苦しんだ方も相当数いたと予想されます。

いくら医学が進んでも未知のウイルスは防げませんから、罹患率は同等として20億の患者。

死亡者数は・・・

ウイルス感染を防ぐには、体力がすべてです。

    規則正しい生活と充分な栄養&睡眠。

    手洗い&うがいにお部屋の加湿(これ結構重要)。

    外出時のマスク着用

みんなが守れば感染拡大も防げるんです。

ワクチンだタミフルだ云う前に『基本的なウイルス対策』をマスコミや政府が啓蒙してくれればいいんですが・・・

<今冬のトレンドはうがい&手洗い>じゃ週刊誌は売れないもんなあ~

ちなみにスペインかぜの時、死亡率の一番高かったのは20~30代の人たちです。

お年よりはたくさんの免疫をもってますし、子供は新しいものにはけっこう対応してしまいます。

体力には自信があるって方が危ないんですなあ。

|

« たぶん日本一、パブロンです。 | トップページ | 大変だあ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/7260413

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザをプロデュース:

« たぶん日本一、パブロンです。 | トップページ | 大変だあ~ »