« 電話は嫌い! | トップページ | 飲む発毛剤:プロペシア、解禁(続続報) »

2005年12月 9日 (金)

子供の発熱にアルピニー座剤

                alpiny100-A

久光製薬㈱製造販売のアルピニー座剤100です。

一個(1.2g)中アセトアミノフェン100㎎を含む、白色の座剤。

溶融点(溶ける温度)は34.5~36℃、効能効果は【小児科領域の解熱】となっております。

まあ、”熱さましの座剤”というとこれをさす事がほとんどですなあ。

先日までエスエス製薬が販売していたのですが、久光に権利を売ってしまいました。

医療用薬品では(最近は市販薬も)、こういう販売会社の変更や包装変更はよくありますので・・・

子供の熱に関してはアンパンマンのかぜ薬で語ってありますのでこちら

座剤の挿入ですが、ちょこっと挿れただけでは押し出されてしまいます。ズイッと押し込んでから、指で少し抑えていると良いと思います。

基本的に便が済んでいるのを確認してから使ってほしいのですが、子供ではそうは問屋が・・・

ここでよくあるのは、挿入が刺激になって便が出てしまった時。

急いでウンチをかきわけ、挿入した座剤を捜してください。

紡錘形を保っているあるいは白い塊が残っている場合は、新しい座薬を再度使ってもかまいません。

そうではない場合、う~ん・・・

使うのは難しいですなあ。

子供の場合、発熱はそんなに怖くないのですが、熱さましの効き過ぎによる低体温はいたって危険でございます。

座薬を使った後は、子供から離れないでネエ

残った座薬の保存は冷蔵庫で。

座剤自体は傷みにくいのですが、子供の体重変化もございますし、ご家庭の冷蔵庫は温度変化が激しいので、保存は一年(できれば半年)で捨てていただきたい!

解熱時に発汗しますが、その際水分は失われ体力を消耗いたします。

むやみやたらな解熱はご勘弁を・・・

|

« 電話は嫌い! | トップページ | 飲む発毛剤:プロペシア、解禁(続続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/7525335

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の発熱にアルピニー座剤:

« 電話は嫌い! | トップページ | 飲む発毛剤:プロペシア、解禁(続続報) »