« 薬屋が風邪を引いた時は・・・ | トップページ | お葬式のお手伝い »

2005年12月13日 (火)

病は自分で直すのじゃ!

                hukkatu-A

なおしたドー!

十年ぶりの風邪でした。

前回の投薬のご説明を・・・

やたらと飲んでいたわけではないのです !(^^)!

症状:咳(粘性有る痰・透明)、鼻水(多量・透明)、発熱(38度前後)、関節痛、背筋痛、咽喉痛、頭痛

ジキニン小児用シロップは小児用総合感冒薬。

これの一本飲みは、昔から行われてきました。成分的に全く問題なく、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)を300㎎取れるのです。シロップ剤だし良く効いてくれます。当然、一日三回飲んで大丈夫です。

今回は鼻水が酷かったし、薬を飲んだ後に直ぐに横になれる状況だったので、抗ヒスタミン剤のアレグラを追加しました。(副作用は眠気)

さらに痰がネバネバ。ムコダイン250mgで切れやすくしたのです。

背中に熱が籠っているようなので、葛根湯の液剤であるカコナールをお湯割で服用。

体内活性を引き上げる為に、人参製剤の若甦参甘黄+温剤豊富なゼナ・ノンカフェ。

抗生物質の選択に迷ったのですが、呼吸器の状態が悪いのでセフェム系ではなく、マクロライド系抗生物質のジスロマック

見事、復活を遂げました。

皆様にお奨めしたいのは、風邪のひき始めに

【ジキニン小児用シロップ+カコナール】のお湯割ですな♪

価格は一回分で800円程度です。

ご予算に余裕があるようでしたら、人参あるいはローヤルゼリーを主成分とする(500円以上の)ドリンク剤をご一緒に。

そうそう、ドリンク剤はカフェインの入っていないものをお願いいたします。睡眠が妨げられるからネエ。

|

« 薬屋が風邪を引いた時は・・・ | トップページ | お葬式のお手伝い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/7586035

この記事へのトラックバック一覧です: 病は自分で直すのじゃ!:

« 薬屋が風邪を引いた時は・・・ | トップページ | お葬式のお手伝い »