« キャリー | トップページ | A320 全日空 »

2006年3月 3日 (金)

溶連菌にサワシリン

                                   sawasirin-A

アステラス製薬㈱製造販売のサワシリン細粒100gです。

1g中アモキシリン(AMPC)100㎎含。

ペニシリン系抗菌薬の一種で同系の薬剤にパセトシン(オレンジ味)やユナシン(グレープフルーツ味)があります。

どのお薬にしろ、最後に薬臭さは多少残りますが、飲みにくくはないですなあ。。

作用機序ですが、細菌の細胞壁の生合成の最終段階であるペプチドグルカンの架橋反応に関係し、新しいペプチド鎖の架橋を形成する際のペプチド転換酵素に結合して、この酵素の活性を阻害する。

ペニシリン系抗菌薬は抗生物質の中では初期開発のものでして、第一世代と俗に呼ばれております。

大人の人にはあまり使われませんが、小児科領域では肺炎球菌・連鎖球菌・腸球菌・黄色ブドウ球菌・インフルエンザ・髄膜炎菌・リステリア感染症などに使われます。

医師に『溶連菌ですなぁ』と言われると、これです!

溶連菌感染症はA群β溶血連鎖球菌(溶連菌)が原因となり、のどの痛み・発熱・手足のかゆみなどの症状が現れます。

感染力には定評がありますので、学校・幼稚園はお休みですね。

2~10歳くらいの子供に多く、飛沫感染(つばでうつる)なんで兄弟がいた場合、予防投与が必要に成ります。

治療にはサワシリンを一日三回で10日間!飲み続けます。

ちょっと良くなったからって決してやめないでください。

けっこう、この菌しつこいんだよね~

投与日数(10日間!)を飲みきってから、もう一度菌検査です。

それで菌がでなければ、やっと完治となります。

出た場合はもう一回となります (涙

溶連菌自体は普通にいる菌なんですが、体力が落ちたりするとブワッと増えて悪さを始めます。

昔は【しょう紅熱】っていって怖い病気だったんですが、ペニシリン系抗生物質が開発されてからは、何てことなくなりましたよ。

このお薬は、抗生物質のなかでもっとも毒性の少ない薬の一つですので、ガンバッテ飲んでください。

副作用は下痢とアナフィラキシーだけど、下痢は他の物に比べると出にくいなあ・・・

|

« キャリー | トップページ | A320 全日空 »

コメント

はじめまして。
「サワシリン」について調べていてこちらにたどり着きました。処方された薬について教えていただきたいのでよろしくお願いします。
まず子どもの病状ですが
4月2日~38度台の発熱。のどの違和感を訴える。夜中に40度台の発熱。のどが出血したような色でプツプツもある。舌は普通。
4月3日~病院で解熱剤、抗生物質(メイアクト細粒)を処方される。夕食後に抗生物質を飲み、39度の熱だったので寝る前に座薬をさす。夜中、全身に小さい発疹+ひどいかゆみ。
4月4日~抗生物質を変えてもらう。
という経過をたどっているのですが、今回処方されたサワシリンは250mgのカプセルを1日2回飲むよう言われました。子どもは6歳、体重は24キロなので少し多いのではないかと色々調べたのですがよくわかりませんでした。まだ飲ませていないので、もしよかったら適量を教えていただけないでしょうか?
お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。
なお、私としては溶連菌感染症を疑っているのですが、病院にはキットがないため調べることができません…

投稿: かぼす | 2006年4月 4日 (火) 12:08

かぼすさん、遅くなって申し訳ありません。

ご質問のサワシリンの小児投与量ですが普通20~40㎎/㎏/日で、分3~分4です。よって、24㎏の小児では480㎎~960㎎/日となります。(通常30㎎/㎏ですが、肺炎球菌等の場合は50mg/㎏使う時もあります。)
ですから、今回の500㎎/日は投与量としては全く問題はありません。ちょっと少ないくらいですね。サワシリンは安全域が広いんです。
診断はこのコメントのみではハッキリ答えられません。
すいません。
以下は私の想像なんですが、この病院は小児科医ではない気がします。たぶんメイアクト細粒も分包品ですな。気が効いた小児科ならば、子供の体重1kgあたりと症状にあわせてキチンと計算された投与量が分包機で分包されます。さらにサワシリンは半減期が短いお薬ですので、分3あるいは分4で処方されます。
できましたら小児科の看板ではなく、小児科医のいる病院に行かれたほうがよろしいかと思います。
診療科の看板には法規制が全くありません。専門だろうが専門外だろうが看板に書くのは【アリ】ですので。

投稿: 薬屋親父 | 2006年4月 4日 (火) 17:15

薬屋親父さま。早速の回答ありがとうございました。
病院はお察しのとおり、町に唯一ある診療所でもちろん専門医ではありません(>_<)
何のための薬かとか、何という薬かも明記されていないこともあるので、先生を信頼して飲むか、患者側で調べて納得してから飲むという感じです…。
サワシリンの投薬量の件、よくわかりました。大人用のカプセルなので6歳児には難しいようで、結局カプセルの中身を出して、ジャムに混ぜてあげました。早速下痢をしましたが、今朝は熱もなく、のどの赤みもいくらか和らいだ気がします。ラッキーなことに今日の午後、遠くから小児科医が診療所にくるので、念のため診察を受けようと思います。

この度は本当にありがとうございました。また何かあればよろしくお願いいたします。

投稿: かぼす | 2006年4月 5日 (水) 09:00

子供は急に具合が悪くなるので、大変ですよね。
お薬もじょうずに飲んでくれなかったりするし・・・
こんな答えでよろしいのでしたら、お気軽にお声をおかけください。
かぼすさんも、かぼすさんのお子さんもがんばってくださいね。

そうそう、下痢なんですが、サワシリンは比較的胃腸障害を起こしにくいので、その前に飲んだメイアクトの影響が考えられますねえ。(メイアクトで下痢はわりかし起りやすいようです)

投稿: 薬屋親父 | 2006年4月 5日 (水) 18:32

今日小児科医に診ていただきました。溶連菌の可能性はあるかもしれないけど、もう菌は少ないだろうとのことでした。食欲は少し戻り、酸っぱいものも食べれるようになり一安心です。

実は…明日は入学式なんですよ^^
間に合ってよかった~!!
これからは長引く病気にはかかって欲しくないなあと切に願う母です。
では。

投稿: かぼす | 2006年4月 5日 (水) 22:55

>溶連菌感染症はB群溶連菌が原因となり、のどの痛み・発熱・手足のかゆみなどの症状が現れます。

多分単純な取り違えだと思うのですが、上記の症状を呈するのは、A群β溶連菌ですよね。

B型溶連菌は、妊婦が感染している場合、産道感染で新生児に感染することがあるので治療が必要、というわけですよね。

投稿: 通りすがりです | 2006年4月29日 (土) 23:30

通りすがりですさん、ご指摘ありがとうございます。
まさにその通りです。
早速訂正させていただきます。

連鎖球菌は血清型でA~J群に、溶血性でα、β、γ、α’に分類され、β溶血の連鎖球菌の総称が溶連菌。
上気道炎をひきおこす代表がA群β溶血を示す化膿性連鎖球菌(S.pyogens)。

正確+わかる情報を目指しているこのブログなのに・・・
また気を引き締めていきます。

これからも【通りすがりです】なんて言わずにぜひご教授お願いいたします。m(__)m

投稿: 薬屋親父 | 2006年4月30日 (日) 17:50

先日病院で血を抜かれ、梅毒と診断されて、薬をもらいました。
一回に飲むのはサワシリン(アモキシシリン)250㎎×2錠、マーズレン0.5g、ビオフェルミンR1gです。一日三回飲んだとして、何日飲めば治りますか??また通常、最低何日飲まなければ治りませんか?

投稿: じゃん | 2006年7月23日 (日) 17:25

じゃんさん、こんにちわ。
梅毒ですか、大変ですね。
病気の進行状態によって投薬期間は著しく変化します。
最低でも2週間、場合によっては2ヶ月程度飲み続ける必要があります。
たぶん、2週間おきに検査しながらの投与になると思います。
梅毒にはペニシリン系抗生物質が良く効きますが、一日三回~四回をしっかりと服用することが前提です。
梅毒は他の性病と違い、きちんと直さないと一生つき合うはめになる病気です。
気楽に考えてはいけませんぞ、本当に怖いんです。

投稿: 薬屋親父 | 2006年7月24日 (月) 08:35

こんにちは。
3年ほど前に梅毒と診断され、治療を続けているのですが、いまだになおりません。
最初はミノペン100という薬を飲んでいたのですが、数値が減らないため、今はサワシリン250という薬をのんでいます。
採血は3ヶ月に一回とされています。
こんなに長引くものなのでしょうか?

投稿: 菊千代 | 2008年1月13日 (日) 18:34

はじめまして。
今、臨月を迎えている妊婦です。
先日の検査でB群溶連菌が陽性だといわれました
今、サワシリンを飲んでいますが、ネットでB群溶連菌を調べるとペニシリンを処方して治療と書いてありました。サワシリンとペニシリンの違いはなんですか?
また、ここ1~2ねんは出ていませんが蕁麻疹がひどく出る体質に加え、腎盂腎炎を幼少期と2年前にも経験していますが、問題ありませんか?
B群溶連菌というのは、産道感染のほか、家族にうつしてしまうことはあるのでしょうか?
教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

投稿: もっちゃん | 2008年10月11日 (土) 19:32

今歯茎が腫れています。
歯周病の治療中ですが、2か月ほど怠ったせいです。
昨年同じ症状で、歯科医からサワリシン250mg塩化リゾチーム30mg、ロキソニン、それぞれ昨年投薬されたものが、手元にあります。
今日は歯科医が休日なので、一日だけ服用しようかと思っていますが、薬の消費期限が心配です。どなたか、教えてください。

投稿: | 2010年8月22日 (日) 04:54

はじめまして。息子で処方されたサワシリンのことについてお伺いいたし度、よろしくお願いいたします。
先日10歳の息子(36kg)が溶連菌にかかり、メイアクトを5日間処方され、飲み終えた4日後あたりにまた高熱がでて、またまた溶連菌と判明しました。次にサワシリン250mgを一回2錠、一日三回。14日分処方されましたが8日間飲んだ頃から顔、体に発疹(かゆみ無し)が現れました。サワシリンについてネットで検索してみると発疹の副作用は多いことをしりました。しかも、息子の処方された分量は大変多くないでしょうか?
もし薬疹でしたら、薬をやめると発疹はすぐに治まるんでしょうか?よろしくおねがいします。

投稿: もん | 2011年6月16日 (木) 23:49

子供が溶連菌でお薬をもらってきたので検索をしてここに来ました。

とても判りやすく書いてあって、安心して飲ませられる♪と嬉しくなりました。
ありがとうございました<(_ _*)>

投稿: 妖弧 | 2012年9月 5日 (水) 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/8907155

この記事へのトラックバック一覧です: 溶連菌にサワシリン:

« キャリー | トップページ | A320 全日空 »