« チョイダシの大瀧 | トップページ | 避難場所 »

2006年4月 6日 (木)

ADHDと学校

                Ritalina

リタリン錠のとき、ちょっとだけ触れたADHDです。

まあ、大人のADHDに関してはさておき今回はADHD児と学校、教師の関係です。

最後にasahi.comの記事を載せときますが、先に読んでいただけると・・・

はっきり言って、教師の勉強不足だと思います。

障害児の就学が決まり、担任になるっていう時にあわてたってネエ。

その子の主治医に連絡をして『先生、どういった対応をしたらよいでしょうか?』ってネエ。

障害児に対する最低限の知識があって聞くならまだしも『一から教えてください』じゃネエ。

せめてADHD、LDや自閉症くらいは正確な知識を持っていなければ。

厳しいようですが、先生!勉強しましょ!!

って、薬剤師も勉強しなっくちゃあネエ・・・

ホント、勉強しなくっちゃ!

「学校がつらかった」8割 ADHD患者団体アンケート

2006年04月06日11時56分

 脳機能障害の一種である注意欠陥・多動性障害(ADHD)の患者団体が、大人の患者を対象としたアンケートの結果を発表した。子どものころ「学校がつらい」と感じた人が8割にのぼり、9割以上が「先生が理解してくれなかった」と回答。結果を文部科学省に提供し、「教育現場での理解促進に役立てて」と訴えている。

 ADHDは脳の障害の一種とされ、「じっとしていられない」「忘れ物をしやすい」といった症状がみられる。はっきりとした原因はまだわかっておらず、子どもの時には学校や授業になじめないなど、大人になってからは職業や家庭生活が継続できないといった問題が起こる場合があるとされている。

 アンケートを発表したのは「大人のADD&ADHDの会」(SOAA、白井由佳代表、824人)。インターネットで呼び掛け、会員ら205人から回答を得た。

 「学校に行くのがつらいと感じたことはあるか」との質問には84%が「ある」と回答。理由には「友達との関係」「勉強についていけない」などを挙げた。「先生は理解してくれたか」という質問には、92%が「いいえ」と答え、「先生の理解があれば学校生活は変わっていたと思うか」という質問には6%が「すごく思う」、57%が「思う」と答えた。

 白井さんは「私たちが経験したつらさを今の子どもたちがまた味わうことがないよう、学校での理解と配慮を進めてほしい」と話している。

|

« チョイダシの大瀧 | トップページ | 避難場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/9459247

この記事へのトラックバック一覧です: ADHDと学校:

« チョイダシの大瀧 | トップページ | 避難場所 »