« 天邪鬼 | トップページ | 海外ベストシュノーケリング部門・第一位 »

2006年5月29日 (月)

たこの吸出し

                Bulog_026

町田製薬㈱の吸出し軟膏10gです。

松脂・木蝋・硫酸銅・ペルーバルサム・酢酸・サリチル酸(含有量略)を含む。

俗称は【たこの吸出し】、私たちは【タコスイ】って呼んでます。

おできに使われる伝統のお薬です。

これの作用としては、皮膚を攻撃して破くのです。

そうしてオデキの中の膿を出すわけなんですが・・・

う~~~ん

現代ではあまりにも乱暴すぎます。

おばあちゃん達はタコスイでオデキを破いた後、アロエ(イシャイラズ)を貼り付けたりします。

開けなくても良い皮膚を開いて、そこに雑菌だらけの草を乗っけるなんて。

先人たちは大丈夫でしょうが、現代人にはちょっと無理!

敗血症になりかけた方もいらっしゃいましたなあ (ToT)/~~~

子供にタコスイ!

これだけはカンベンシテクレ

非常に薄い皮膚を持つ子供に対してたこの吸出しを使うなんて。

ハッキリ言ってそれは【虐待】以外の何者でもありません。

では、オデキをどうやって直せば良いのか?

今は抗生物質というものがあります。

厚めのガーゼ(滅菌ガーゼの二枚重ね)にたっぷりの抗生物質軟膏を塗り、おできの上に乗っけてください。

膿が小さければそのまま吸収されますし、多ければそのうち自然に破けます。

ガーゼを厚めにするのは、破けて出てくる膿を吸収するためです。

軟膏をたっぷりと使うのがポイントです。

ガーゼを貼るテープなんですが、カブレないように同じ場所には貼らないで毎日少しずつずらしてください。

カミテープをはがした後に、(カブレを治すお薬が少し入っているので)マキロンでふき取るとよろしいかと。

いくつもあるようでしたら、病院にいって抗生物質の飲み薬を使ったほうが・・・でも、ほとんどの場合は軟膏+ガーゼで対処できますな。

おできって、膿がどんどん出来てる時に痛みます。

痛みがない時期ならば、そのまま吸収されるか、もうじき口が開くかどちらかです。

くれぐれも無理やり口を開けたりしないでネ。

|

« 天邪鬼 | トップページ | 海外ベストシュノーケリング部門・第一位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/10258679

この記事へのトラックバック一覧です: たこの吸出し:

« 天邪鬼 | トップページ | 海外ベストシュノーケリング部門・第一位 »