« 知ってますっ! | トップページ | ソフィット »

2007年3月17日 (土)

セーブオン

                                   _067

ラスベガス近郊のSav-on drugsです。(コンビニのセーブオンじゃありません!)

この店舗はセーブオンの中でも最新のもの。

セーブオンは西海岸を拠点に米全土にチェーン展開する代表的なドラッグストアです。

元々は典型的なディスカウンターで、3尺1800mm什器の縦一列に圧縮陳列が僕らの教材になったもです。

何度かのM&Aを経て、変化&成長をしてきました。

素敵なお店です。

什器は3尺1500㎜を使い、右サイドは直角に左サイドは斜めに設置。

右ラウンド型で、突き当たりが調剤室。

調剤室周辺に一般用医薬品や(いわゆる)サプリメント類を配置。

これって最近の米ドラッグストアでは当然のようになったのですが、OTCや健食のお客様の相談に答えるためです。

始めたのはウォールマートだったかな・・・

それまでは、あくまでもセルフ販売が基本だったしチェーン店の薬剤師にはそんな余裕がなかったのですが、他店にない顧客サービスの一環としての【薬剤師によるアドバイス】は非常に好評だったそうです。

で、このレイアウトがここ10年で広がりました。

左サイドにはギフト&カードを置くレイアウトです。

これで店舗のイメージが出来る方は、よほどの米ドラッグストア通ですな。

米ドラッグストアでのマグネットと言えば【処方箋】【ビタミン剤】【カード】です。

今まではこれに【DPE】があったのですが、貧乏米人でもデジカメを使えるようになったからネエ。

カラーリングも良く出来ていて、美しい店舗です。(移民の国ですから文盲が多いのを前提にした絵や色を重視した陳列が米国の特徴ですな)

毎日センター納品があるそうで、バックは少なかったなあ・・・。

薬剤師さんも「会社からの正当な評価がある」そうで、モチベーションは高いようでした。

調剤助手(ファーマシーテクニシャン)の方たちも、ベッピンさんばかり!

店長さんが「このエリアの美しく優秀な方を選抜した」と笑いながら話してましたが、あながち冗談でもないでしょう。

このエリア(LV郊外)は現在【リタイア後に住みたい地】のナンバー1になってます。

全米から小金持ちの老人が押し寄せ、人口増加率がトップ3に入っていると思いました。

他地区のように不法移民による増加と違い、小売企業にとっては最重要地区であることは間違いありません。

ですから、このような実験的店舗が多数存在するのです。

こんなお店を作ってみたいなあ・・・

土地と人が高くて、消費者レベルがまだまだ低い日本では絶対成功しないだろうけどねえ。

コレに近い物を作った会社もあったけど、売上が取れなくて結局圧縮陳列もどきのドン臭いお店になってるんだもん。

どうみても日本のドラッグストアってノーセンスのお店ばかりなんだけど、売って何ぼのこの世界では致し方ないのでしょうね。

そんなことより、親父のお店もゴジャゴジャになってきちゃたなあ・・・

そろそろ本腰を入れて改装するか!

お金がないんで、レイアウト変更でだね・・・

この記事って、結構力作なんだけど普通の人には全くつまらないもんなんだろうなあ・・・

親父の趣味の”米国ドラッグの業態論”。

米国の保険事情、移民問題を始めレーガンの医療費削減政策なんかの事まで説明すんのは面倒ですがな。

新しいカテゴリーを作っておいおい整理して行こうかなあ。

ブログで知識の整頓をしてくのって楽だモンね。

|

« 知ってますっ! | トップページ | ソフィット »

コメント

親父さんは、セーブオン(コンビニの方)をご存知なんですねー。

今度、夫が会社の研修でLAの方に店舗見学にいくらしいです。ウォルマートとか?
私もアメリカのドラッグストアを見てみたいなぁ・・。って飛行機嫌いなんですけどね(^^;

ところで、ご存知だったら教えていただきたいのですが、街の薬局の外にのぼりで「足のけいれん・・うんぬん」ってあるようなのですが、ご存知ですか?
お客様から、その問い合わせがたまーにあって、でも、一体なんなのかわからなくて・・。
私が思い浮かべるといったら芍薬甘草湯くらいで・・。

投稿: もこ | 2007年4月 7日 (土) 18:24

こんにちは、もこさん!
現場復帰ですか?
お互いがんばりましょう。

>「足のけいれん・・うんぬん」ののぼり
ですが、たぶんMg関連の商品だと思われます。
各社、Ca:Mg⇒2:1というような健康食品を市場に出してきています。
それのセールストークは「目のけいれん」と「足のつれ」。
のぼりですが、全薬がそんな販促物を持っていた気がします。
商品名は【ヘルスメイトマグマイト】→http://www.zenyaku.co.jp/product/kenko/hm_mag.html
本当のお年寄りには今一ですが、おばさん・おじさんにはけっこう効いていますよ~。

いいなあ、会社の研修かあ。
親父は実費で行くんで、30~50万も掛かってしまいます。
対外的には研修だけど、ホントは趣味だもんネ。
店舗を見るだけじゃなくて、現場の声を聞いてみるのもとっても勉強になりますよお。

投稿: 薬屋親父 | 2007年4月 8日 (日) 13:57

親父さん、ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまいました。

のぼりの薬は、漢方系なのかなぁ・・と思っていたのでカルシウム&マグネシウムってのは、以外でした。
でも、筋肉の収縮に関係しているものなので、なるほどねぇ・・と納得。
店にも、別の商品で2:1のものがありました。
商品知識をしっかり持って、お客さんにすすめていきたいなぁと思います。

が、今の店は、薬剤師としてよりも売場をメンテナンスすることを求められておりまして、しかも在庫を減らすようにというメンテナンス。毎日、返品作業やら、他の店への商品移動をお願いしたりで、なんだかなぁ・・という日々です(^^;

夫の研修は、自己負担金は保険もいれると10万くらいらしいです。行く前に、何冊かの本を読むのが必須らしく、かえってきてからもレポート提出があって、大変みたいです。
実費は大変ですけど、そのほうがある意味、楽かも~

投稿: もこ | 2007年4月13日 (金) 21:23

はじめまして。アップルと申します。
この日記の趣旨と違うかもしれず申し訳ないのですが、少々
教えて頂ければ幸いです。
実はYahoo!検索の「ラキソベロン」からこちらのブログを
拝見させていただきました。(以前の記事にラキソベロン
の記事がありました。その記事にコメントを残せば良かっ
たのかもしれないのですが、かなり以前だったため最新の
こちらのページに書かせて頂きました)
 以前から体質の問題でラキソベロンを飲んでいましたが、
近年、ソフィットという薬が市販されていたのでそちらを
購入していましたが、なぜか販売中止になってしまい、ま
たお医者さんでもらわなければならないのかと落ち込んで
います(お医者さんへ行くのが面倒で…)。
 こちらのブログでラキソベロンは要処方箋薬ではないの
で薬屋さんで買えるということが書かれてありましたが、
処方箋薬局に行けば購入できるのでしょうか?
 お忙しい処、不躾な質問にてご面倒をおかけしますが、
是非教えて頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願いい
たします。
※他の記事も読ませていただきました。色々な薬について
楽しく勉強になりました。これからもお邪魔したいと思っ
ております。

投稿: アップル | 2007年9月14日 (金) 00:52

こんにちは、アップルさん。

急いで調べたら製造中止になってました。
うちでは在庫が一杯あるので気が付きませんでした・・・

残念です。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 薬屋親父 | 2007年9月14日 (金) 17:02

初めまして。
院内薬局にて調剤助手として働いている者です。

今年の初め頃・・・
2つの調べ物をしていた際、どちらでもこのブログが検索にHITし、以後お気に入りに登録させて頂いていました。

思わず笑ってしまいながら読ませて頂いています。

私もロサンゼルスでウォールマートを見学(研修の一環として)した事がありますが、調剤室がとても広く、近づき易い雰囲気だった事を記憶しています。
陳列されている薬の数が多く、それには圧倒されましたが…。

そんな事を思い出しつつ、初めてのコメントをさせて頂こうと思い書き連ねております。

またお邪魔させて頂ければ幸いです。

投稿: しぶき | 2008年8月11日 (月) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121366/12904955

この記事へのトラックバック一覧です: セーブオン:

« 知ってますっ! | トップページ | ソフィット »