2006年12月26日 (火)

JB!ありがとう

                Jb

JB、死んじゃった・・・

死んじゃってから、大好きだった事に気がつくんだよね。

ジョンの時もそうだったし、あの人の時もそうだった。

悔いのないように暮らして行きたいけれど、いまだに惑わいだらけの今日この頃。

「やりたいことをやればいい」って人は言うけど、やることによって迷惑を掛けた人に対する悔いはできるもの。

「自分の人生なんだから」って人は言うけど、自分勝手はまた違うもの。

こないだ死んじゃった叔父さんの最後の言葉は

「いい人生だった・・・」って

そんな生きかたをしてみたいもんだねえ。

JBはどうだったんだろ?

やりたいことをやった満足感、迷惑を掛けた罪悪感。

JBだもん、そんなもん考えない!

クリスマスに天国行って【I fee~l good!】って歌いまくってんだろうなあ。

JB!ありがと!

そして、さようなら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

RCは無敵です !

                Rc

忌野清志郎さんが喉頭がんだそうです。

絶句しました。

書こうにも書けませんでした。

絶対、負けんなよ。

キヨシロー!!

【新しいブルースを楽しむように・・・】って (>_<)

あなたのR&Bはあなたにしか創ることができません。

早く帰ってきてください。

待ってます。

復帰舞台は西武球場でガッツッ!と行きましょうね。

続きを読む "RCは無敵です ! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

チョイダシの大瀧

                                   Unazuki

作詞作曲/大瀧詠一、編曲/多羅尾伴内の【うなずきマーチ】です。

”チョイダシの大瀧”がロングバケーションでブレイクした後の曲ですな。

歌うは【うなずきトリオ】さん。

本人が語っているように、大瀧氏は萩原哲晶さんの大ファンでございまして、それまでのナイアガラシリーズで延々とコミックソングを作り続けております。

アルバム一枚まるまる普通の曲(?)で埋めたのは、後にも先にもロングバケーションだけです。

そんなコミックソングの中でも、メジャーヒットがこれ!

この”unazuki march"のロゴは、一連の”naiagara"のロゴのパクリです。

こんな事に代表されるように、曲の中やレコードジャケット、歌詞にいたるまで綿密に遊ばれています。

恥ずかしながらこのシングルレコードを

                        私、持ってます (#^.^#)

さらに、イエローサブマリン音頭も

                        私、持ってます (#^.^#)

松本竜介氏の冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

青空百景:ムーンライダース

                aozorahykkei-A

ムーンライダースの青空百景です。

こないだ掃除をしていましたら、TDKのAR-X74(カセットテープ)がポロリと出てきました。

A面Melodies、B面青空百景と・・・

聞いてるうちにドキドキとしてきちゃうねえ。

1982年の発売だから23年前かあ・・・

色気づいた高ボーの頃

楽しかったなあ、文化祭。

音楽ってその頃の自分を思い出すから困ったもんです。

あ~ハズかし

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年8月25日 (木)

はっぴいえんど

                happyend-A

はっぴいえんどの風街ロマンです。

はっぴいえんどのオリジナルアルバムの三枚では一番安心して聞けるものではないでしょうか・・・

細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂の4人組

当時、人気絶頂だったフォークの神様・岡林信康のバックバンドをしてた事もあります。

どんな顔して山谷ブルースとか演奏してたんだろ♪

それにしてもみんな・・・・

                   汚い顔です(涙・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

やっぱり好きでした・・・ドナルド・フェイゲン

                                   blognf

深夜、奥歯の疼きで眼が覚めた。

ギシギシ・・・

起きだして、ダイニングの引き出しをゴソゴソ・・・

ボルタレンをジャワティーで流し込み、一服。

ひさしぶりに、聞きました。

  ・・・・・

  ・・・・・

  ・・・・・

涙が・・・・

夏の香りが漂い始めた頃、真夜中に濃い目のモカコーヒーを用意して、一人でお聞きくださいませ。

                永遠なれ、スティーリー・ダン

| | コメント (0) | トラックバック (0)