2007年9月14日 (金)

ソフィット

                                     020

発売元ゼファーマ㈱・製造販売元帝人ファーマ㈱のソフィット<ドリップタイプ>です。

ピコスルファートナトリウム7.5mg/1mlを含む滴剤で、便秘のお薬です。

です。とはしましたが、製造中止になりました。

元々は藤沢製薬の販売だったんですが、山之内製薬と合併してゼファーマになり、さらに第一三共ヘルスケア(第一製薬+三共製薬)に吸収されました。

このOTCメーカーの再編にしたがって、カットされてしまいました。(涙・・・

医療用医薬品のラキソベロン液とまったく同じ。

でも、(3歳未満は服用しないこと)って書いてあるんだよねえ・・・

乳幼児や妊婦、さらに特殊な便秘に対応するのが、ますます困難になってきました。

ソフィットピュアっていう(とても小さな)カプセル剤は生き残ったんで、それでなんとかしろ!てことですかねえ。

コーラックソフトやビューラックソフトなんかもピコスルファートNaなんだけど、錠剤だからねえ・・・

滴剤だからこそ使えていたいままでの状況を考えると困ったものです。

OTCの世界っていったいどうなっちゃうんだろう?

ソフィットを手に入れるために病院に行かざるをえなくなり、国民医療費を微妙に引き上げる。

ばかげた話です。

で、代わりなんですが医療用医薬品のラキソベロン液が一般の薬局で買うことが出来ます。

ドラッグストアとかは一般販売業って区分なんでダメですが、調剤室のある薬局なら大丈夫です。

ただ、一応法律的には「必要最小限の量」ってことになっているんで1本(10ml)ごとの販売となると思います。(その薬局さん次第です)

もうOTCにこだわらずに、要処方箋薬のはずれた医療用医薬品をバンバン販売してやろうかなって考える今日この頃。

毎日コツコツ、まじめが一番!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

虫除けはどうなんだ

                Bulog_034

㈱池田模範堂のムシペールα(60ml)です。

100ml中ディート12g含。

星の数ほどある虫除け剤の中で、唯一医薬品の許可を受けている立派なお薬です。

「医薬品」っていうと『強いんじゃあない?』と言われる方がたいそう多く見受けられます。

まったく逆なのになあ・・・

厚生省の厳しい審査を通ってきたのですから、安全なんです。

日本って諸外国と違って安全第一主義ですから。

効果があるのに安全性が確認できないからって許可にならないお薬がたくさんあります。

それが良いのか、悪いのかはなんともかな。

病人にとっては使いたいのに医薬品ではないので保険が適応されない。

医師も使いたいのに医薬品ではないとの事で制約を受ける。

でも、安全性を考えると・・・

さて、このムシペールαの最大の特徴はツツガムシの忌避が効能にあることです。

ツツガムシっていうのは新潟の山の中に・・・・ →参考

まあ、普通の虫除けよりちょっとディート(虫除け成分)の量が多いって事だけです。

ちょっと値段がお高いんで、海外旅行に行く方や山登りの方にお奨めしております。

あと、お子様やカブレ易い方にもよろしいかと。

基材が肌に優しいんです。

お子様にたいしての使い方なんですが、ご注意ください。

必ず、お母さん(お父さんも可)の手のひらにスプレーして、その手でヌリヌリしてください。

直接スプレーいたしますと、薬剤が多く付いてしまう場所ができますし(カブレの原因)、薬剤をお子様が吸い込んでしまいます。

ちょっと手間なんですが、面倒くさがらずお子様のためにお願いしますYO!

ノンガスタイプですし、どの虫除けがいいって言われればこれですね。

とは言いつつ、直接肌に付けないという正しい使い方をしていただければどの製品も大差はないです。

虫が大好きな薬屋親父ですが、蚊だけは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

使い易いぞ!メンフラゲル

                Bulog_033

大正製薬㈱のメンフラゲルです。

1g中ピロキシカム5.0㎎含。

バンテリンなんぞと同じ経皮吸収型の消炎鎮痛剤で、関節痛や筋肉痛のお薬です。

ちゃんと使えば良く効いてくれます。

ひざでしたら1㎝くらいチューブから取って、ヌリヌリと良く擦り込んでください。

ちょっと待ってからもう一度塗ると効果的です。

お風呂上りと朝に痛いところよりちょっと広めに塗るのが効かせるコツです。

バンテリンはインドメタシン製剤、このメンフラゲルはピロキシカム製剤。

ピロキシカムはインドメタシンより構造が尖って(?)いるので、皮膚に良くしみこむんだ(メーカー談)そうです。

まあ、実際はたいした違いはありません。

で、このメンフラゲルですが、大きな特徴があります。

メントールが入っていないんです!!

一般用の経皮吸収型消炎鎮痛剤ってどれもスースー成分が含まれちゃっているんです。

ですから、ちょっと傷があったり子供には痛くってねえ可哀想でした。

昔は武田製薬やゼリヤ新薬でもあったんですが、今ではこれだけです。(たぶん・・・)

スースーしないと効いた気がしないって言うお客様が大多数なんですが、これはこれで絶対に必要な製品です。

どの製薬会社もドラッグストアによるセルフ販売を前提とした製品を発売する中、よくこういう製品を市販したと思います。

よりによって大正製薬が作るとはナア・・・

いろいろな面で考えさせられますねえ。

いえ、別に大正に恨みはないんですがねえ・・・

50g入でたぶん1280円くらいの価格設定でしょうなあ。

バンテリンが35gで980円~1480円ですから、かなりのお買い得です。

臭いの気になる方やお子様、あるいはカブレ易い方には大変結構な製品です。

姉妹品にメンフラクール軟膏やメンフラローションってのがあるんで間違わないようにしてくださいね。

こちらはスースーがタップリです。

メンフラゲルです!

弱点は基材のゲルがあんまり良く無くって、指の間とかに残ったものがネトネトするんです。

でも水で洗えば速やかに取れるからネエ。

まあ、良い薬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

なぜに・・・ポケムヒ

                Bulog_040

㈱池田模範堂のポケムヒです。

う~ん、売れてます。

一昨年に販売が開始されたんですが、これがヒットしてるんです。

中身はただの液体ムヒ。

抗ヒスタミン剤(カユミ止め)の塩酸ジフェンヒドラミンにスースー成分のメントール+カンフル、おまじないにトウキ軟エキスと無難な処方です。

現在、50ml入った液体ムヒは定番価格で498円前後、特売価格で398円で販売されてます。

このポケムヒ、15mlなのにほぼ同じ価格で販売されております。

でも売れる・・・

買って行くのは大人半分子供半分の年代(10代後半~20代前半)てなところでしょうか。

ムヒ(池田模範堂)の商売の上手さは特筆物です。

そうそう、液体ムヒですが乳幼児には使わないでくださいね。

スースー成分のメントールやカンフル自体にかぶれる子供がけっこういます。

子供の皮膚は大人の十分の一の厚さなのに、さらに虫に刺されて薄くなっている皮膚にこんな刺激物を塗ったら・・・

キンカンは虐待でしたが、こいつは拷問です。

去年はキンカンをバッシングしましたが、今年はムヒだな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

鼻水に・・・アルペンSこども鼻炎シロップ

                                   Bulog_036

ライオン㈱のアルペンSこども鼻炎シロップ60mlです。

元々アルペンシリーズ(アルペン子供、アルペンうがい、アルペンかぜなど)は中外製薬の風邪関連商材の名称だったのです。

だったのですというのは、中外製薬の一般用医薬品はすべてライオンに吸収合併されましたが、ネーミングだけはアルペンが残りました。

まあ、名称変更なんぞいたしますと余計な経費や流通に支障をきたすからでしょうなあ。

別に【アルペン】なぞ、なんもネームバリュウはありませんもの(笑

で、このお薬ですがなかなかのものです。

処方内容は単純そのもの。

10ml中にマレイン酸クロルフェニラミン(抗ヒスタミン剤)1mgにdl-メチルエフェドリン9㎎、それにショウキョウエキス67㎎のおまじないがかけてあります。

ムヒのこども鼻炎シロップ等の一般的な小児用鼻炎シロップに配合されている無水カフェインが含まれておりません。

そうなんです、アルペンこどもシリーズにはカフェインが入っていないんです!

鼻炎シロップ以外にアルペンこどもカゼシロップっていうのがあるんですが、これもノンカフェインです。

ノンカフェインだとどうなるか?

そう、眠くなるんです。

かぜ薬や鼻炎薬に含まれる抗ヒスタミン剤。

これの副作用は眠気。

眠気を抑えるために無水カフェイン(一応は抗頭痛薬って説明になっていますが)を配合されるのが普通なんです。

こどもの風邪にもっとも効くのは、睡眠&安静。

お母さん方も【グズグズされるよりも寝てくれたら・・・】っていうのが本心です。

味も美味しいイチゴ味。

親父のお奨めは「美味しくって眠くなる、効き目もそこそこアルペンこども」だしょ。

でもね、子供の鼻ズルズルに一番効くのは【まめな鼻水取り】だかんね。

鼻の奥に鼻水が残ったままでは収まるはずの炎症も治まらないでしょう。

小さいお子様には親御さんが吸ったり、かいだりネ。

お兄ちゃん、お姉ちゃんは鼻を啜んないで紙で鼻をかむのが大切。

副鼻腔炎でも起こされちゃね~やだもん。

実は大人の長引く鼻炎も鼻をすするのが原因の場合が多いんですよ。

鼻炎に鼻紙。

これが基本です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

医薬品です、マーキュロバン

                Blog_155

日廣薬品㈱の殺菌絆創膏マーキュロバン平型です。

膏体150g中、マーキュロクロム0.75g含。

真冬の指先の割れによく使います。

前回に紹介したコロスキンと双璧ですな。

マーキュロクロムを軟膏に混ぜ込んで、それが布絆創膏にくっ付けてあるんですが、農家のおっちゃん、おばちゃんの愛用品なんです。

理由はただ一つ。

すさまじいほどの接着力!

はがしたあとも軟膏+糊がベタベタです。

農作業って異常なほど指先を酷使するんです。

何十年も働いた農家のおっさんの手を見たことありますか?

角質の厚さが5㎜はあるんじゃなかろうかと思われる皮膚に土の浸み込んだ皺が刻まれております。

野球やるのにグローブはいらないな、あれは。

一般の方にはお奨めはしません。

普通に消毒して、普通にガーゼ+紙絆創膏でお願いします。

でも、あの職業にはマーキュロバンかコロスキンしか・・・

その方たちの指先を守るマーキュロバン。

がんばってもらいたいものです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

たこの吸出し

                Bulog_026

町田製薬㈱の吸出し軟膏10gです。

松脂・木蝋・硫酸銅・ペルーバルサム・酢酸・サリチル酸(含有量略)を含む。

俗称は【たこの吸出し】、私たちは【タコスイ】って呼んでます。

おできに使われる伝統のお薬です。

これの作用としては、皮膚を攻撃して破くのです。

そうしてオデキの中の膿を出すわけなんですが・・・

う~~~ん

現代ではあまりにも乱暴すぎます。

おばあちゃん達はタコスイでオデキを破いた後、アロエ(イシャイラズ)を貼り付けたりします。

開けなくても良い皮膚を開いて、そこに雑菌だらけの草を乗っけるなんて。

先人たちは大丈夫でしょうが、現代人にはちょっと無理!

敗血症になりかけた方もいらっしゃいましたなあ (ToT)/~~~

子供にタコスイ!

これだけはカンベンシテクレ

非常に薄い皮膚を持つ子供に対してたこの吸出しを使うなんて。

ハッキリ言ってそれは【虐待】以外の何者でもありません。

では、オデキをどうやって直せば良いのか?

今は抗生物質というものがあります。

厚めのガーゼ(滅菌ガーゼの二枚重ね)にたっぷりの抗生物質軟膏を塗り、おできの上に乗っけてください。

膿が小さければそのまま吸収されますし、多ければそのうち自然に破けます。

ガーゼを厚めにするのは、破けて出てくる膿を吸収するためです。

軟膏をたっぷりと使うのがポイントです。

ガーゼを貼るテープなんですが、カブレないように同じ場所には貼らないで毎日少しずつずらしてください。

カミテープをはがした後に、(カブレを治すお薬が少し入っているので)マキロンでふき取るとよろしいかと。

いくつもあるようでしたら、病院にいって抗生物質の飲み薬を使ったほうが・・・でも、ほとんどの場合は軟膏+ガーゼで対処できますな。

おできって、膿がどんどん出来てる時に痛みます。

痛みがない時期ならば、そのまま吸収されるか、もうじき口が開くかどちらかです。

くれぐれも無理やり口を開けたりしないでネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

センパアはどう?

                                   Bulog_032

大正製薬㈱製造販売のセンパアS 6錠入りです。

一錠中に塩酸メクリジン25㎎を含む乗り物酔い(加速度病)のお薬です。

加速度病motion sicknessは脳の前庭器官の興奮によって反射的に嘔吐中枢、自律神経中枢が興奮してしまい、吐気や嘔吐、めまいや冷や汗などの症状がでます。

この塩酸メクリジンは抗ヒスタミン薬の一種でピペラジン類に属します。

センパアって正直言って、あんまり・・・・

販売シェア的には、一番らしいですがね。

なんで売れてんだか?

薬屋親父的にはスコポラミンの入っているものが好みです。

眠気云々って言われますが、第一に効いてくれなきゃねえ。

飲み方は、24時間タイプのスコポラミン含有薬を出発前日の寝る前に飲んでもらってます。

そうすっと、昼間は眠気少なく効き目も充分。

宴会時間にはすっかり薬も抜けてます。

そして旅行先でも寝る前服用で夜はグッスリ!

大変喜ばれてますYO!

短時間の旅行でしたら、シロップ剤でお願いしております。

さらに小児用の乗り物酔いのお薬です。

センパアの小児用シロップは【グレープフルーツ味】ってことですが、美味しくありません。

本当に美味しくないんです!!

なんで売れてんのか??

お奨めは「こどもクールスカイ」(久光製薬)です。

三歳以上で使えますが、子供用には珍しくスコポラミンが配合されております。

おまけにこの【リンゴ味】は美味しいのよお。

ドラッグストアでは置いてない所が多いです。

その辺の薬局にいって「久光のこどもクールスカイを取り寄せてください」と一言・・・

なんの縛りも無い一般薬ですので、どこでも取り寄せができるはずです。

こういう取り寄せ商品ができるのが、薬局の強みです♪

ドラッグストアは採用品以外はまず無理ですから。

売り場の薬剤師さんが苦しい言い訳をなさっているのは哀しいことです。

久々の文章書でなにを言いたいのか判らなくなってしまいました (-_-;)

哀しいことです・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

改正?薬事法

                _004

asahi.comのニュースです。

大衆薬(市販薬)を3ランクに分け、リスクの高いものは薬剤師による対面販売とすることや、違法ドラッグ(脱法ドラッグ)対策を柱とした薬事法改正案が18日、参院厚生労働委員会で与党と民主党、社民党の賛成多数で可決された。19日の参院本会議で可決された後に衆院に送られ、今国会で成立する見通し。

大衆薬の販売制度の見直しは、60年に現在の薬事法が制定されてから初めて。法案成立後、具体的な情報提供のあり方などを調整し、早ければ07年にも実施される。

 新制度では、副作用の程度に応じて薬を1~3類の3ランクに分類し、リスクの高いものについては情報提供や相談の体制を整える。

 胃腸薬「ガスター10」(ゼファーマ)や発毛剤「リアップ」(大正製薬)などのように医療用医薬品から大衆薬へと転用されたものは1類に分類し、処方箋(せん)をもとに調剤できる薬局に販売を限定。薬剤師によるカウンター越しの販売とし、副作用などについての情報提供を義務づける。

 解熱・鎮痛薬の「バファリンA」(ライオン)は2類、ビタミン剤などは3類。いずれも薬剤師がいなくても扱えるが、副作用などの知識についての試験に合格しなければ原則として販売を認めない。

 一方、違法ドラッグ対策では、興奮や幻覚作用など人体に危害がある成分を厚生労働大臣が指定薬物に定め、製造や輸入・販売・貯蔵を禁じ、医療関係者向けを除いて広告も禁止する。国と都道府県は指定薬物にあたる疑いがある場合は検査を命じ、立ち入り検査を実施できるようになる。

   -----------------------------------------------------------

薬事法改正案が参院厚生労働委員会を可決、通過しました!

この改正案はずいぶん前から取りざたされていたんですが、遂にかぁって感じです。

内容は【大衆薬(市販薬)を3ランクに分け、リスクの高いものは薬剤師による対面販売とすること】と【違法ドラッグ(脱法ドラッグ)対策】の二つです。

マスコミ操作がなされてんだか知らないけど、いかにも国による消費者保護みたいな報道がなされてます。

バカいってんじゃないZO!

これって事実上の一般薬の販売開放ってことです。

コンビニ、スーパー、ドラッグストアで薬剤師不在で薬を買えるってことです。

皆様、便利になるって思うでしょう。

薬屋親父はこう考えます。

最初はお薬の副作用事故が増えるでしょうなあ。

次に、どのお店も”効く薬”は置かなくなります。

製薬会社は副作用の少ない少ない薬しか売れなくなります。

一般薬が全く効かないんですから、皆様病院にかかります。

結果、医療保険が崩壊へ向かう・・・・と。

まあ、薬学部が6年制になった時点で、新しい資格を作らなければ今の薬事法では医療崩壊につながるのは判っていましたがね。

6年制大学を出てから「街の薬屋の親父」になる人なんかいないよね (ToT)/~~~

こうでましたかぁ。

どうせならアメリカみたいにPharmacy Technician(調剤助手)を創設すればいいのに。

コンビニ業界やドラッグストア業界と、政治屋さんとの関係が見え隠れする法改正?です。

これでもう、街の薬局は無くなります。

ドラッグストアと調剤?薬局だけですね。

なんかもう、ワケガワカリマセン・・・

親父たち、「街の薬屋」は、薬を売って儲ける物品販売業ではなくってね、知識と心を売ってるんだからさぁ

賛成は自民党・公明党・民社党・社民党って、ほぼ全部かい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

胃腸のトラブルにキャベジンか

                Kyabejina

興和㈱のキャベジンコーワS300錠入りです。

効能・効果は『胃酸過多、胸やけ、げっぷ、胃痛、胃重、胃部不快感、飲み過ぎ、食べ過ぎ、嘔吐、胸つかえ、消化不良、消化促進、胃部・腹部膨満感、食欲不振、もたれ、胃弱、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)』・・・ハアハアってこう箱書きされてます。

ナンジャコレ?

私、この世界に入ってからズーーーっと悩んでいたのがこの【総合胃腸薬】ってもんです。

列記させていただきますと、キャベジンコーワ・ザッツ21(昔のタケダ21)・新三共胃腸薬・シグナル胃腸薬・パンシロン01などです。

成分は胃壁保護(or修復)剤+消化剤+制酸剤+鎮痛剤ってとこですかな。

こんだけ入れば、適応もこうなりますわな。

メーカーさんに言わせれば、「ストレスによる胃痛にすぐれた効果」で「食べ過ぎにすみやかに効き」、「二日酔いのむかつきを抑える」って・・・

わけわからんなあ・・・・

胃酸過多が原因の胃痛なら、制酸剤+鎮痛剤

食べ過ぎなら消化剤

胃壁へダメージを受けたなら、胃壁修復剤+制酸剤

でしょ!

それに胃腸薬ですよ、胃にも腸にも効くんですよお。

そんなあ・・・

親父は置き薬として使うって方以外には出した事がありません。

なんにでも効く薬なんて、なんにも効かない薬と同義語ですもの。

ああ、すいません。

このままじゃ興和㈱の橋●君に怒られますね。

このキャベジンコーワSなんですが、消化剤として飲んでらっしゃる方にはなかなか好評です。

ポップ乾燥エキスも入っているんで、便通もよくなるようです。

困り物はロートエキス(鎮痛剤)がかなりしっかり配合されているんで、喉の渇きを訴える方が多いのも事実ですが胃痛を抑える効果も高いようです。

これでいいですか?東京水産大卒の●本君。

こんな総合胃腸薬なんてものが無くなるように、販売者・消費者の医療知識があがっていくといいですね。

がんばれ!全国の薬剤師さんたち!!

親父はあくまで他力本願です (^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)